2006年05月13日

カップの黒染め。

黒染めです。
金属を染めるのです、黒く。

染める対象は手品に使う銅のカップ。明るい色のボールと一緒に使うのですが、内側がピカピカしてボールがでてきたときの印象がぼやけてしまうのが不満なのです。
染める前のカップ


ちなみにコップの外側はイイカンジに暗い色になっています(左は買ってから袋に入れっぱなしカップ、右は練習に使いまくりカップ)。

カップ外側
 

このまま使い続ければ内側も暗くはなるでしょうけれど、内側はもっと暗くてもいいかな、というのが今日の作業の目的です。

続きを読む


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

道具はできた。

とりあえず次回スウィッチでの宿題に使う道具はできた。
道具


あとは練習すればいいだけさ!と思ってDVDを見ながらいじってみる。

とてもとても難しいです・・・・・

posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

Do It Yourself.

とあるマジック道具を探してみたのですが、どうもピッタリしたものがありません。

そんな時はどうするか。「無ければ作れ」です。学生時代に習った様々な事を一言で要約した結果はコレだと思っています。

というわけで編物をしている最中です。やってみたら結構簡単でした。
編物中

マジックを見ていただいた後に「手先が器用なんですね!」と言われることがあります。「そんなこともないッスよ」と答える事が多いのですが、もしかするとマジックを練習することで「手わざを習得すること」は訓練されているのかもしれませんね。

アノ技法やソノ技法自体は日常生活で役に立つ事は皆無でも、アノ技法やソノ技法を身につけるプロセスは役に立つのかもしれません。

作った道具を使うマジックは今度のスウィッチでの宿題のお題にしようかなぁ・・・ む、それより先に前回宣言した手順を練習せねばいかんな。でも練習しているうちにコンセプトが変わってきちゃいました。

前回の宣言は「マジックを見慣れていない人にも安心して見せられる手順開発プロジェクト第一弾、ワイルドカード」だったのですが、記録には「ワイルドカード」としか書かれていないことだし、勝手に「ワイルドカード」を宣言したことにしてマジックを見慣れていない人にはあんまり見せられない手順にしちゃおうかなぁ・・・

posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

チャイナリングを買う。

チャイナリングというのは手品の道具で、金属の輪がつながったり外れたりするものです。

新宿高島屋のテンヨーブースに行って「アレとソレをください。あとチャイナリング。カードで1回払いでお願いします」と言ったら、ディーラーさんに「あれ、チャイナリング、持ってなかったんですか?」とにこやかに聞かれてしまいました。

高島屋さんのテンヨーブースには先日初めてお邪魔しまして、今回2回目だと記憶しております。前回お邪魔したときには、ニコニコしながらディーラーさんのお勧め商品を見せていただいたり実演を楽しく見ていただけの、とてもいいお客さんだったはずなのに、なんでこんな臭いマニア扱いされてしまうのでしょうか。

本性は隠せないということですかね。ニンともカンとも。
posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

食べられません。

右手を強く握ると手の中から赤い物体が出現。「強く握りすぎて血が出ちゃいました。これは赤血球です。」「赤血球はもんでいると増えます(ウソ。赤血球自体は分裂しません)。」「左手に握った赤血球は、左手の平から血管を通って右手の平に移動します。ほらね。」という語りでスポンジボールをやらなくてはならなくなるところでした。
スポンジボール


今週末に使うかもしれないということで探してたところ、10年ほど昔に買ってビニール袋に入ったボールが使い方のわからないパケットケースの山の下から出てきました。ビニール袋からは積年の圧縮によって赤血球の模型のような味わいのある形状の物体が登場しました。

アタクシもダテに長くマジックマニアやっておりません。こういうときは慌てず騒がず水につけるのです。そして絞って干すのです。

という作業をやっていたら家人が覗き込んで
「なにそれ。ゼリー?いつ食べるの?」

いや、食べられませんから。

posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

派手な衣装の下見をする。

今月末頃に使う道具は揃ってきました、あとは演技の内容に集中すればよい状態です。と書くつもりでした、昨日の打ち合わせまでは。

そう、衣装です。すっかり甘く見ておりましたよ。

お客さんに何かを感じてもらうためにマジックの現象を見せるのだから演技者を見せる必要はない、というようなことを考えていました。もともと地味な格好が好きでもあり、好きになれないマジシャンの多くが派手すぎるように感じられる衣装を着ている印象が強くいこともあって、服装は地味で普段着っぽいものが良いと考えていました。

ところが今回の打ち合わせでは「マジシャンと見てわかる衣装が望ましい」という指摘があり、また「私も昔は同じようなことを考えて普段着と同じような格好でステージに立ったことがあります、でもね・・・」といったお話もしていただき考えを改めることにしました。

オレは一般のお客さんの前に立った経験がほぼゼロなので、先輩のアドバイスはまず聞くべきです。「納得するよりまず実行」というわけです。

とはいえファッションへの関心が薄いのでどうしていいのかよくわかりません。とりあえず地元に派手な衣装を売っている店があるらしいので、買い物ついでに下見をしてきました。

あったあった。真っ黄の燕尾服とか、真っ赤なジャケットとか、真っ青なシャツとか、オレンジのパンツとか。

あとはコーディネートだな。それから身の回りで衣装に使えそうな服を持っていそうな人に声かけてみよう・・・
posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

猛烈にリテイクしたくなるクオリティ。

今月末頃に使うマジック道具を製作中です。
今日は手帳のようなものを作りました。

手帳のようなもの

よ、余白が狭すぎる・・・・
使えないことはないけれどコダワリからするとリテイクしたいなぁ・・・

自宅の安いレーザープリンタで両面印刷しようとするのが間違っているのはわかっているんですが、もうちょっとなんとかなる予定だったんです。

そして今回のプリントアウトから製本までの所要時間が5時間ほど。もう一冊作る気力があるか、微妙なところですな。それよかセリフとか動きとかツメなくてはならないことがたくさん・・・

posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

そのボール達は大きすぎます私の手には

コンタクトジャグリングというジャグリング(曲芸)の一分野があります。

ジャグリングといって思い浮かぶのは、ボールやら松明やら箱やらを何個も空中にホイホイと次々に投げ上げては華麗にキャッチしまくるイメージです。が、コンタクトジャグリングすなわち接触曲芸とは、ボールを投げずに体にくっつけたまま行うハナレワザのことなのです(間違っていたらゴメンなさい)。

続きを読む
posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

ワイルドカードを作る

手品屋の言うワイルドカードとは、同じカード(たとえばスペードの10)を何枚か取り出して、それがいつの間にかすべて別のカード(たとえばハートのQ)に変わってしまうマジックのこと。
photo_diary_1_22_44200122_67.jpg

続きを読む
posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。