2006年09月25日

成長の軌跡。

マジック関係のイベントが同時多発していた先週末ですが、諸般の事情によりほとんど参加できませんでした。

が、マジック友達の高校生最後のステージがあったので、それは観に行きました。もちろん足りない部分もたくさんあったけれど、去年と同じ場所で見た演技よりはずーっとよくなっていて、お客さんの反応も上々。

始める前は「○○スタイルのマジックを見るのはあまり好きじゃない」と言っていた彼が、しかし今回ちゃんとその演目に挑戦し、演技後に「○○スタイルのマジックをきちんとこなせているプロはすごい」と感想を言っていた。「難しさがわかるのが、最初の一歩だよ!」と激励する。そして彼の素直さと成長の過程がまぶしくて、オジさんちょっと感激。

その後は移動して彼の兄弟子君の演技も拝見。けっこうひろい講堂が一杯で、兄弟子君のパフォーマンス目当てで来ている人もたくさんいる様子。そして演技中の客席はオオウケで、楽しいマジックでした。お話したかったのですが、忙しかったようなのでご挨拶だけする。

彼らからするとオレはずいぶん年上なので、偉そうなことを言ってしまうことが多いけど、彼らに向けて言った言葉を自分に向けてみると、彼らの成長っぷりと比べてオレはなんと成長していないことかとガッカリ。「できる人は演じ、できない人は教える」というのは、オレのことだよな、なんてスネてみたりする。

そうやって落ち込んでいても誰も幸せにならないので、池袋のジュンク堂に行ったついでに、発声の本とか、不条理な笑いの劇作の本とかを読んでみる。学ぶことはあまりにも多く、実現できていることはあまりにも少ない。じっと手を見る。

来年にこの日記を読んで「オレもこの1年で成長したさ!彼らのように」と言えるようになろう。そうしよう。


posted by こりん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。