2006年07月24日

第1回マジックスウィッチに参加する。

第2期第1回マジックスウィッチに参加してきました。例によって1次会から3次会まで。試験前シーズンだったようで、若年層がちょっと薄めな会場でした。

全般的に今回は個人的には「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉をケンケンフクヨーしたいと思います。


1次会では、ちょっとでしゃばりすぎ、前に出過ぎでした。及ばざるがごとしと反省し、自戒します。

自分の演技については別に書きます。

前々からお話してみたいと思っていた方とマジックの演技以外の話がいろいろできて、楽しかったです。問題意識を持っている人は自分だけじゃないのだとちょっと安心した、とか言うとかなーり偉そうけど、そう思いました。


2次会では、前半は燃え尽きてました。

何人かの方とマジックの演技以外の話がいろいろできて、楽しかったです。1次会のオレの演技についても少し議論ができました。また、オレのマジック鑑賞中の態度について苦言を呈して下さる方もいて、調子に乗りすぎてはならぬと反省しつつ、指摘してくださったことに感謝です。

周りではマジックしまくってましたが、あんまり見ていませんでした。
一部からはちょっと過剰な雰囲気を感じましたが、見ていた方は大丈夫だったんでしょうか。マジックはもっと見たいと言ってくれているところで止めるのがベストだと思うので、マジック以外でもおもてなしできる方法も身に付けると、観客にも演者にもマジックにとってハッピーなことではないかと思います。まぁ1次会で前に出すぎなオレが言っても説得力ないんですけど・・・

見た中では「犯人追跡」が面白かったですが、宗教法人「重くなれ」の儀式(のように見える愉快なマジック)のインパクトの前には全ての演技が霞んでしまう感じでした。


3次会はグダグダな感じで、くーだらない手品6部作の構想が固まったり、なぜかネギトロ巻きを使った秘密結社の血の儀式ごっこの試案が検討されたりしました。

そんなこんなで終電で帰宅。たっぷり1日お付き合いくださった皆さんに感謝です。


posted by こりん at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | OFF会・サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。