2006年01月30日

第7回マジックスウィッチに参加する。

月に一度のサークルの日です。いつものマジック友達と会い、新しい出会いもあり楽しい時間でした。

今回はレクチャーを担当させてもらいましたがだいぶグダグダな感じでした。むー。楽しい演技も難しいですが、楽しいレクチャーもまた難しいですねぇ。

それにしても模範(?)演技のできにもだいぶ不満なんです。来月のチャレンジコーナーでもう一度おなじトリックを観てもらえる機会があると思うので、そのときまでにはそれなりに不思議に見えるように磨いておきたいものです。とりあえずタマリッツのDVD見直そう。

発表会コーナーでは、おもちゃばこフォーラムの報告もかねてサイトーさんから教えてもらったトリックを勝手に作り変えた占いマニュアルも見ていただきました。そのあとで短時間のディスカッションをしたのですが、オレの見せ方だとトリックの面白さを活かしきれていなくてもったいないのではないかというのが現時点の評価という感じに落ち着きました。要するに改悪ということですな。よいトリックだと思うので、クロースアップだけでなくサロンでも効果的な見せ方にできないか考えてみたいです。とりあえず初値は二万円ということになりました。

はじめてコーナーの参加者が増えていて楽しかったです。前で見せている方も楽しい緊張だと思いますが、見ている側もいい感じのドキドキ感が伝わってくる気がして楽しいです。難しいスライハンドを大人数前で見せるのは大変だよなぁ、オレにはとてもできん!とか思いながら観ていました。

二次会では一極集中新規顧客開拓状態になっていて、隣のテーブルでいろいろ歓声があがっていたのを見逃してばかりいました。なんかひきとめてしまって、他の方とお話できなくなっちゃっていたらごめんなさいでした>新規開拓されていた方

三次会では地理的にめったにお目にかかれなさそうな方にウソ催眠術をかけたままで中断してしまったり、ダークなマジックについて語り合ったりしました。
催眠術はカラーチェンジングデックを演じないかぎり日常生活では問題にならないはずなのでご安心ください。
アレは不思議でよいと思います。シンプルさで見せられる内容だと思うので、次回のはじめてコーナー・・はもう要件にあわないから、発表会で見せていただくと一次会からも黒い信者が獲得できると思います。


全体を通して自分自身の状態はあんまり良くなかったのかもしれません。参加後に考えてみると先週のおもちゃばこフォーラム参加にマジックっぽいエネルギーを全注入していたので、わりとマジック的にはヌケガラ的な状態だったのかなと。

こんな状態で人前で演技したのは誉められたことではありませんでしたね。観てくださった方に失礼というか、トリックに失礼というか。やるならちゃんと熱を込めて、込められないならやらない、くらいの自制心も必要かと思いました。


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | OFF会・サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。