2006年01月22日

出張マジックスウィッチに参加する。

参加しているマジックサークル「マジックスウィッチ」の一員として、おもちゃばこフォーラムというイベントにマジシャンとして参加させていただきました。


とても楽しく良い経験になりました。お客さんもそれなりに楽しんで下さったように見えたのでなによりでした。
そして思った以上に疲れました。

出演者は全部で6人、各テーブルで10分の演技、各演技者が全テーブルをまわる、休憩を含めて全2時間、1テーブルあたり20人程度のお客様という内容。演目は 水晶玉の出現 破って復活するカード 占いマニュアル をやりました。

●良かった点
・多くのお客さんが楽しそうだった。自分自身も楽しくできた。

・衣装を検討する良い機会になった。
学生時代の発表会も普通のスーツだったので、マジシャンの衣装と呼べるようなものを着たことはなかったのです。

・プロのすごさを実感できた。
マジックを見慣れていないお客さんを相手に何度も演技することがいかに難しくシンドイことか、よくわかりました。最初の演技が終わったころには体質的にはさほど汗をかかないほうなのに汗びっしょり。2時間があっという間に過ぎさりましたが、終わった後はたいした作業をしたわけでもないのに気力も体力も残りわずかといった感じでした。

●反省点
・演技の意図をもっと明確にしなくては
何かした後にお客さんがどう反応してよいか分かりづらい個所がいくつかありました。何を表現したくてどう感じてほしいのかをもっと明確に、でも押し付けにならないように練る必要がありますね。

・片付けと準備をもっと簡単にしなくては
学生時代の発表会なども含めていままでは手順を通したら終わりだったので、マジックを何度も繰り返すことへの配慮が足りませんでした。

・道具を持ち運ぶカバンも検討しなくては
上と絡みますが、いいかげんに道具を放り込んでいると片付けにおいても準備についても時間がかかってダメですね。機会があったら演じるキャラクターに合った道具入れを用意しなくては。

・お客さんにやっていただく作業はもっと簡単にわかりやすくしなくては
うまく作業内容が伝わらなくて間延びしてしまうシーンがありました。なによりも手伝っていただいたお客さんがプレッシャーを感じさせてしまうのが良くなかったです。

・発声が悪い、ウロウロしすぎ。
声は後ろのお客さんにはちゃんと聞こえていなかったかもしれません。無駄な動きはもっと削らないと見ていてうっとうしいです。


いやー、人の演技にコメントするのは簡単ですけど、自分で実際にやるのは本当に難しいです。

ともかく良い経験になりました。
参加してくださったお客さん、チャンスを作ってくださったイベント主催の杉山さんとサークル主催のにゃふーさん、背中を押してくださったHIGEさん、素敵なトリックを教えていただいたサイトーさん、演技にコメントしてくださった皆さん、オフ会などで演技を見てくださった皆さんに感謝します。ありがとうございました。


そしてなぜか演技終了したころから腰が痛いのです・・・
凍った雪の上をザクザク歩いたからでしょうか、そして演技中はアドレナリン出まくりで気付かなかっただけなのかな・・・
サロンパス貼って寝ます。


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック実演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。