2006年01月11日

派手な衣装の下見をする。

今月末頃に使う道具は揃ってきました、あとは演技の内容に集中すればよい状態です。と書くつもりでした、昨日の打ち合わせまでは。

そう、衣装です。すっかり甘く見ておりましたよ。

お客さんに何かを感じてもらうためにマジックの現象を見せるのだから演技者を見せる必要はない、というようなことを考えていました。もともと地味な格好が好きでもあり、好きになれないマジシャンの多くが派手すぎるように感じられる衣装を着ている印象が強くいこともあって、服装は地味で普段着っぽいものが良いと考えていました。

ところが今回の打ち合わせでは「マジシャンと見てわかる衣装が望ましい」という指摘があり、また「私も昔は同じようなことを考えて普段着と同じような格好でステージに立ったことがあります、でもね・・・」といったお話もしていただき考えを改めることにしました。

オレは一般のお客さんの前に立った経験がほぼゼロなので、先輩のアドバイスはまず聞くべきです。「納得するよりまず実行」というわけです。

とはいえファッションへの関心が薄いのでどうしていいのかよくわかりません。とりあえず地元に派手な衣装を売っている店があるらしいので、買い物ついでに下見をしてきました。

あったあった。真っ黄の燕尾服とか、真っ赤なジャケットとか、真っ青なシャツとか、オレンジのパンツとか。

あとはコーディネートだな。それから身の回りで衣装に使えそうな服を持っていそうな人に声かけてみよう・・・


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。