2005年11月13日

第5回マジックスウィッチに参加する。

用意していったVTR鑑賞会とクロースアップの手順を見ていただく。あまり悪い評判はないようなのでよかった。

最大の反省点は、コーナーの一部を担当すると自分から手を上げたクセに当日遅刻していったこと。関係者の皆さんにプチ不安を感じさせてしまったとすれば申し訳ないことです。

こちらから誘った母校の後輩,先輩も来てくれたけれど、どうも慣れない雰囲気に戸惑っている様子。なにかひとつでも感激できる体験をしてもらいたいと思い、一次会では不動の男、サイトーさんに無理をお願いして演技していただく。前回のスウイッチ二次会でオレを驚愕の世界に叩き落したメンタルマジックを見せていただいた。後輩君達の刺激になってくれればと思う。

皆さんに見ていただいたクロースアップの手順の反省点メモ。
・まだお客さんの反応を見ずに段取りとして進めてしまっている点が多い。
・最初の現象が起きるまでに時間がかかりすぎる。
・目指す「トホホ感」がまだ弱い。
・最後のドバッとマークが唐突すぎるかもしれない。マークアセンブリーの終止感を弱めるか、もう少し高めていく工夫が必要か。


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | OFF会・サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。