2005年11月05日

母校文化祭(1日目)に行く。

母校の奇術部の文化祭の演技を見に行く。教室での仮設ステージ,学校内ホールでのステージ(中夜祭),クロースアップ。

みんな楽しそうに演じていてなにより。そしてお客さんたちも楽しそうに見ていたのでよかった。

アマチュアの手品屋は見てもらっている人に迷惑をかけないように注意したうえで自分が楽しくやるのがまず最初だと思う。

ステージはオレが在籍していたころに比べると、衣装やステージ上での美意識にこだわりを持っている人が増えていて感心する。スライハンドのアレやソレがちょっとナニだったりする部分も確かにあるけれど、技法の完成度を求めるのは主に手品屋で、一般の方は今の後輩君たちが注力しているような要素のほうを重視することが多いと思うのでよい方向じゃないかと思う。

スライハンドにこだわりがある人もいるようなので、互いに良い影響をしあっていければいいんじゃないかと思う。

クロースアップではロワールくんが前田さんの手順を中心に見せていて喝采を浴びていた。

オレもタイミングがあったので、来週のスウィッチで見てもらおうと思って準備している手順を演じる。思ったよりうまくいかないところが多数、思ったより反応がよかったところが少々といった感じ。一人で練習したり身内に見せているのと、一般の方に見てもらうのはなんと差があることかと改めて思う。演技は難しい。

帰って今日の演技でうまくいかなかった部分を修正するための素材をユザワヤで買って食事後にゴリゴリ作る。疲れている様子の家人にムリを言って演技を見てもらって感想を聞く。明日も文化祭に行く予定。


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。