2005年10月29日

お化け鼠と魔法の実演販売人を見る。

映画監督ティムバートンを知ったのはナイトメアービフォアクリスマスという映画を見てから。他にはシザーハンズ、バットマンリターンズとか好き。

そんなナイトメアの主人公ジャック様と風変わりな仲間たちが大きなパンプキンツリーなどで屋敷全体を飾り付けてしまったヨ☆みんな遊びに来てネ щ(゜Д゜щ) カモーン という東京ディズニーランドの広告を見たからには、行かないわけにはまいりません。ということで、金曜の夜のディズニーランドに行ってきました。
ホリデーナイトメアー

 
すげぇ人。考えることはみな一緒。「駆け込みハロウィンだよねー」と言ってた通りすがりの女史は正しい。

そんなわけで1時間40分ほど待って乗ったホーンテッドマンション ホリデーナイトメアーは期待以上に楽しかったです。しかし実は来年一月までこのバージョンを見れるということに列に並んでいるときに気づいたというのはちょっとマヌケですね。もう少し混んでない時期を選べたかも・・・

そんなわけでねずみと一緒に記念写真を撮ってパレードを見てホーンテッドを見たらもう閉演時間。

最後はマジックショップに行って、相方がテレビで見て欲しいと言っていた「MAGIC BOOK」を買う。ああ、これであなたもスベンガリデックから卒業してしまうのだね・・・

もしかして和田さんが実演してくれるかも☆とか思っていたんですが実演は他の方でした。いくつかの商品についてこれは小さいお子さんでも練習せずにできますよということを説明するためとはいえ、現象を見せる前からトリックを説明してしまっていたりするのを目撃して悲しくなる。

たしかに一日ずーっとやっていれば疲れるのもわかります。同じネタばっかり繰り返していたら熱も冷めてしまうのもわかります。ならオマエやってみろと言われたらたぶんできないでしょう。それでも、もう少しマジックを大切にした売り方はできないものかと思ってしまいました。

ちょっと悲しい思いもしましたが、ディズニーランドのエンターティンメントに徹する姿勢は相変わらずで楽しく過ごすことができました。人が多くて疲れたけど。


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。