2006年09月30日

おっしゃる意味がサッパリわかりません。

<あらすじ>ジュンク堂と中野まんだらけに行った我々は、物欲と可処分所得との圧倒的な開きの前にうちひしがれ「ビンボー人は本屋および古本屋に行ってはならぬ」ことを悟ったのであった。

我々はビンボー人の身分を自覚し、当面は本は図書館から仕入れることとした。しかし最寄りの図書館は改装工事のためにしばらく休館という泣きっ面に蜂な現状。仕方が無いので、他の図書館を探索するのでありました。

借りてきました、ロジャー・ペンローズ著「心は量子で語れるか」。ソータイセーリロンと、リョーシリキガクと、人間の心の間にあるアレについて、ペンローズ先生の考えを述べた本です。

いわゆる「猿でもわかる相対性理論」のようにムズカシイ理論を平易に説明する本、ではないのです。「まだ誰も知らない本当の物理理論にはこう言った性質が必要なはずだ!とオレは信じてるもんね」というペンローズ先生の主張を述べた本です。

つまり先生の主張を理解するためには、相対性理論とか量子力学とか宇宙論とか非ユークリッド幾何学とか群論とかを理解するだけでなく、それらの限界点まで理解しなくちゃわからないわけですわ。

とりあえず1/3まで読んだ感想は、おっしゃる意味がサッパリわかりません、ということです。

特殊相対性理論と、量子力学の前段階としての解析力学を勉強するところからやらんとダメなのかしら。あとはペンローズ先生のこのお考えを最初に説明した「皇帝の新しい心」にもう一度チャレンジすべきか。

世の中にまだ知らないことがあるというのは、楽しいことですな。


posted by こりん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

成長の軌跡。

マジック関係のイベントが同時多発していた先週末ですが、諸般の事情によりほとんど参加できませんでした。

が、マジック友達の高校生最後のステージがあったので、それは観に行きました。もちろん足りない部分もたくさんあったけれど、去年と同じ場所で見た演技よりはずーっとよくなっていて、お客さんの反応も上々。

始める前は「○○スタイルのマジックを見るのはあまり好きじゃない」と言っていた彼が、しかし今回ちゃんとその演目に挑戦し、演技後に「○○スタイルのマジックをきちんとこなせているプロはすごい」と感想を言っていた。「難しさがわかるのが、最初の一歩だよ!」と激励する。そして彼の素直さと成長の過程がまぶしくて、オジさんちょっと感激。

その後は移動して彼の兄弟子君の演技も拝見。けっこうひろい講堂が一杯で、兄弟子君のパフォーマンス目当てで来ている人もたくさんいる様子。そして演技中の客席はオオウケで、楽しいマジックでした。お話したかったのですが、忙しかったようなのでご挨拶だけする。

彼らからするとオレはずいぶん年上なので、偉そうなことを言ってしまうことが多いけど、彼らに向けて言った言葉を自分に向けてみると、彼らの成長っぷりと比べてオレはなんと成長していないことかとガッカリ。「できる人は演じ、できない人は教える」というのは、オレのことだよな、なんてスネてみたりする。

そうやって落ち込んでいても誰も幸せにならないので、池袋のジュンク堂に行ったついでに、発声の本とか、不条理な笑いの劇作の本とかを読んでみる。学ぶことはあまりにも多く、実現できていることはあまりにも少ない。じっと手を見る。

来年にこの日記を読んで「オレもこの1年で成長したさ!彼らのように」と言えるようになろう。そうしよう。
posted by こりん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

業務連絡。

諸般の事情により土曜日のマジックスウィッチは欠席します。

当日オレ様にプレゼントや脅迫状など手渡す予定だった人は、来月まで待つように。以上。
posted by こりん at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

人材育成と演目。

NHKで放送された狂言の「金津地蔵」を見る。先日読んだの著者 野村萬斎さんの父親の万作さんと、子供の裕基くんが出演。んもう、子役がかわいらしくて、ボケ役がボケまくりで楽しい。

ちょっと前に観に行った歌舞伎も、子役を主人公にしたもので、どちらも子役のかわいらしさや、子役が大人ぶった台詞を言うおかしさなんかを上手く取り入れている。伝統芸能の世界には、こうやって子供のうちから舞台に立たせる環境があるのだなぁと感心する。

続きを読む
posted by こりん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

この人でなしどもは話にならん。

ないものはない(そりゃそうだ)といわれるYouTubeから、人でなし動画と、話しにならない動画を見つけたので紹介しましょう。

続きを読む
posted by こりん at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

だってそういう人なんだもん。

NHKでやっていた「イッセー尾形のとまらない生活 PART1」を観る。

「仕切り屋ウーマン」と「ババロック」が特にお気に入り。と家人に言ったところ「キミはビッチな姐さんが好きなだけなんじゃないの?」と真理を突かれる。えぇ、そういう仕様です。

描かれている人物がはっきり伝わってくるし、その人に好感を持ってしまう。それも短時間で。シーンの切り取り方と、構成が巧みということなんでしょう。

マジックでシチュエーションものをやる時の、一つの目標はこの完成度ではないかと。

続きを読む
posted by こりん at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

拍手とフラリッシュ。

わりと最近作った手順の中に「運動会」というのがあります。一部の方には修行の場や、ファイナルスウィッチの発表会でご覧いただきました。

「お客さんが気持ちよく拍手できる手順」をテーマにして作った手順でした。手順を作っていく過程では、問題意識と周囲の先輩方のアドバイスとして以下のようなやりとりがありました。
・マジックを見終わった後にどう反応してよいかわからないような方がいる。
・それは演者が何を感じて欲しくて、どう反応して欲しいかをきちんと伝えていないからだ。
・不思議なことを見るのって、イライラするかもしれないけど、楽しいことでもあるよね、って思って欲しい。
・そう思ってもらう手段のひとつとして「お客さんに拍手をしてもらう」というのもありうる。
・拍手をすること自体が、楽しいことでもあるし。

この経緯自体は、望ましくはないかもしれないけれど、大間違いというほどではないと思っています。

続きを読む
posted by こりん at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | マジック考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

「笑いを取る」ということばをたいへん嫌います。

狂言は毒をもって笑わせるのではなく、自然にわきあがってくる健康的な笑いを楽しんでもらうのです。『イソップ物語』の「北風と太陽」ではありませんが、強い風で直接的に吹き飛ばそうとするのが現代のお笑い。腰を振って下品なまねをしたりすれば、人は笑うでしょう。しかし、そうではなくて、じわじわと太陽の熱でおのずとコートを脱がせるようなほほえましい笑いが、狂言の笑いではないかと思うのです。

流派や家にもよるのでしょうが、野村家では、「笑いを取る」ということばをたいへん嫌います。おのずと笑わせるのです。(略) 人間がたくましく生きる姿を一生懸命に演じる。一生懸命にやればやるほどおかしくなってくる。素直に見てもらって、素直に発散できる笑いが、狂言の笑いの特徴であると思います。

もちろん喜劇的な風刺の側面もありますが、根底に流れているのは、限りない人間への賛歌、人間肯定の思いです。(略)

人生を変えるほどの大テーマを突きつけたりはしないけれども、観客席も舞台に共鳴して、いつの間にかストレスを発散している。狂言の社会的存在意義は、浄化作用なのではないかと思っています。すっきりして、あしたもがんばろうという開放感を味わう。帰り道に、ふっと思い出し笑いをしてしまう。そういう幸福感を持ち帰っていただけるところが、狂言のいちばんいいところではないでしょうか。

シェイクスピアが『ハムレット』のなかで、「芝居は人生の鏡」といっています。狂言も、自分を映せるとてもシンプルな鏡面構造をしていると思います。テレビなどは、一方的で受動的なものだと思いますが、自分の感性で参加できる楽しみが、狂言にはあると思います。

受身専門で、それ以上のものを求めない人には難しいかもしれませんが、自分の感性を潤わせて遊びたい人には、ふさわしい演劇だと思います。ぜひとも、想像力を持って、狂言の世界で高度に遊んでもらいたいと思います。

萬斎でござる, 野村 萬斎 著, 朝日新聞社 より。


続きを読む
posted by こりん at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

ぴっとんへべへべ、なむしゃかじゃ

今日の「にほんごであそぼ」は歌特集。ウワサは知っていたけれど見たことのなかった「ぴっとんへべへべ」も見れてよかった。これをBGMにしてサロンマジックしたら面白かろう。

オレはどうも境界領域が好きなようです。
人のようで人でない(妖怪)とか。生きているようで生きてない(マペット)とか。物のようで物でない(パントマイム)とか。大人のようで大人でない(愛すべきダメ人間)とか。道理のようで道理でない(マジック)とか。

というわけで「ぴっとんへべへべ」は、言葉のようで言葉でない、音のようで音でないので、面白いです。
「でんでらりゅーば」も同様。あれは地方の童歌がベースらしいので、元は言葉なのでしょうけど。

歌詞が一番面白かったのは「なむしゃかじゃ」。一休和尚の言葉らしいですね。

 南無釈迦じゃ
 娑婆じゃ地獄じゃ
 苦じゃ楽じゃ
 どうじゃこうじゃと
 いうが愚かじゃ

子供パフォーマンスじゃなくて、ちゃんとした歌い手の人で聞かせてほしいなぁ。ドリカムの吉田さんとか。
posted by こりん at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。