2006年08月30日

やみこそゆめよ

夏休みの宿題の追い込みで軽く死にそうな今日このごろ、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

作業→メシ→作業→メシ→作業→メシ→寝る な生活の最近の潤いはNHK教育の「にほんごであそぼ」の野村萬斎さんのコーナー。日本語を前提にして鍛えられた発声は美しいですよ。

最近のブームは
「闇こそ夢よ やゐゆゑよ。来世るりいろ らりるれろ。」(あいうえうた)
「この世はすべて狂言じゃ、人はいずれも道化じゃぞ。」(法螺侍)

そして使用頻度が最も高いのは
「ややこしや〜 ややこしや〜」

でんでらりゅーば、も歌詞は覚えました。踊りはまだできません。


posted by こりん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

私は不思議でたまらない

何気なくテレビを見ていたところ、狂言の解説番組をやっていた。調べてみるとNHKの「日本の伝統芸能・能狂言入門」という番組らしい。歌舞伎を見たときはイヤフォンガイドのおかげで楽しみ方がやっと理解できたので、最近は芸術の解説番組に興味があるのです。

それが面白かったので家人にみせびらかしたところ、家人はその番組に出演していた野村萬斎さんが出演しているというNHKの子供向け番組「にほんごであそぼ」を録画して、みせびらかしてきた。
 http://www.nhk.or.jp/kids/program/nihongo.html

これがよかったのですよ。

たまたま最初に見た日は、金子みすゞさんの詩を2本とりあげていて、詩の持つ力を(もしかすると)初めて感じられたような気がする。

続きを読む
posted by こりん at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

第2回マジックスウィッチに参加する。

8/20日曜日のマジックスウィッチです。

今回は宿題ということで、前回宣言した「ワンコインルーティン」を見ていただきました。

テーマは
・なんかコインマジックするときって、みんな手つきが急に変わるよね。それっておかしくなくなくない?もしかしてコインが消える秘孔があるの!?
・コインが消えたり出たりしたら、悲しかったり嬉しかったりするよね。みんな無感情だけど。それっておかしくなくなくない?貧乏人だからお金が出たり消えたりしたら一喜一憂しちゃいますよ。
・どうせコインに仕掛けがあるんでしょ!?

続きを読む
posted by こりん at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | OFF会・サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

おっしゃるとおりだ! STRONG MAGIC, Darwin Ortiz

「たいした経験もない素人がグダグダわけわからんこと考える前に、もっと賢く経験のある人が書いたものを読んだほうがいいんじゃん?」という有難いアドバイスをだいぶ前にいただき、何冊か本を買っておいたのですが、最近やっと読み始めました。だって英語なんだもん。日本語だってロクに読めないのに。

もうね、すばらしいですよ。読むごとに「おっしゃるとおりだ!」「なんとなく思っていたソレは、言葉にするとそういうことか!」「そうだよね、それでよかったんだよね!」と深く頷いてばかりです。

続きを読む
posted by こりん at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

最も身近で、ほとんど知らないこと。

それは人体です。

計算機科学を勉強していたころ、(やや)最新のスーパーコンピューターを見学してその巨大さにビビったものですが、人体標本で脳を見たときは、その小ささに驚きました。

手の標本を見て手指を動かす筋肉や腱の精緻さにもびっくりしましたし、ひざの関節のすり合わせ部分のつるつるさっぷりにも感心しましたし、血管だけを残した標本(血管に樹脂を入れ、残りを取り去ったもの)や、骨格と神経だけを残した標本を見て全身を通る血管や神経の数にも驚きました。
060816_Hand.jpg

そして「盲腸ってどこにあるの?」なんていう、あまりにも基本的なことを知らない自分がいることにも気付きました。

自分の体や生きること死ぬことを考えるときには、物体としての自分への感覚を持っているほうがより現実的な判断ができるのではないかと思っています。本当は自分の手で解剖を勉強できれば一番いいんでしょうけど、それはさすがに無理。

そんなわけで、DVDを買ってみようと思います。
 http://www.dex-et.jp/Ncontents/dvd/dex_dvd0053.htm


で、なんで急になんでそんなことを言い始めたかというと、今週末のマジックスウィッチでの宿題をやっているからです。お題は「ワンコインルーティン」。
コインバニッシュを練習するためには、手指の動きを凝視しなくてはならず、見ているうちに人体標本を見学したときのことを思い出したのでした。
posted by こりん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

珍しいマジック。

前田知洋さんがコインマジックを披露しています。簡単なレクチャーつき。
 http://www.1101.com/taro_money/index.html

使っているコインはTARO MONEYといいます。
060810_TARO_MONEY.jpg

TARO MONEYの売上は、岡本太郎さんの最高傑作とも言われている、巨大壁画「明日の神話」の修復、運搬、展示、保存にかかる(かかった)費用に充てるために寄付されるのです。
060810_SHINWA.jpg

芸術への貢献を、こうやって形にするのは粋だなと思いますよ。

「明日の神話」は8月末まで汐留の日テレプラザ ゼロスタ広場にて入場無料で公開中。すごいですよ。見ていない人は急げ!



(8/18追記)

前田さんのパフォーマンスとインタビューは以下のページにアーカイブされました。
No.1
http://www.1101.com/taro_money/2006-08-10.html
No.2
http://www.1101.com/taro_money/2006-08-11.html
No.3
http://www.1101.com/taro_money/2006-08-14.html

本文で紹介したアドレスには今後も色々な方とTARO MONEYとのオカカワリが紹介されていくようです。マジック以外の芸術もぜひ。
posted by こりん at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

感情を刺激するマジックを演じてみて。

今回のマジックスウィッチ(7/23)で見ていただいた演技について、振り返ってみます。
060807_Pepa.jpg

○やりたかったことと できたこと
子供の頃に飼っていた、今はもういない犬と毎年一度だけ会えるという情景をマジックを使って演じ、こちらにいた頃に楽しい思い出を残してくれたことと、あちらから毎年会いに来てくれる感謝、愛しさと切なさを表現したいと思いました。

マジックを見慣れていない人が不思議に感じられるという観点からは、あちらにいってしまった犬とこちらで会うという情景は表現できたと思います。しかし感謝や愛しさのような感情は、見ていた方に十分に伝えられなかったと思います。

実験的な試みだったので、演技としては失敗と言うべきレベルだったと思いますが、いくつかのことが自覚できたので、やってよかったと思っています。

続きを読む
posted by こりん at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

もうやんなくていいんじゃん?

FISMが遠くの地で開催されているがテレビ放映はされないフラストレーションから、YouTubeを漁ったり、過去のFISM放映を見直したりする。

FISM03のノベール・フェレのマニピュレーションは、不思議さをスパイスにした素敵なステージで最近お気に入り。構成と体の点の作り方がとてもよい。
FISM02のスコット・ザ・マジシャン & ミス・ミリエルのイリュージョンは、二人の演技力の確かさが作り出すリアリティが、楽しい時間をつくりだしていて好き。

FISM88以降の放送のDVDが手元にありますが、その中でベストを選べといわれたら、なんと言ってもFISM97のイワン・ネチポレンコの「ロシアの一反木綿ちゃん(オレ命名)」でしょう。
マジックでなくては表現できない世界観、音楽との調和、意外性があるけれどとっぴではない構成力、鍛錬された肉体、マジシャンと「木綿ちゃん(オレ命名)」のキャラクター設定、余韻の作り方と、どれをとっても一級です。

さらに手元のレクチャーDVDのパフォーマンスを見て、トミー・ワンダーやホワァン・タマリッツの緩急のある構成と、点の作り出せる鍛えられた体に圧倒される。

良いものは何度見ても良い。

で、先日のファイナルスウィッチでの自分の演技を見て大いにヘコむ。やはりダンスとかで肉体表現の基礎を作らないと、話にならんのだろうなぁと遠い目をしたり。

こんなに素晴らしいマジシャンが世界にはたくさんいるんだから、オレのようなへたっぴはもうやんなくていいんじゃん?と見るたびに思いますが、そう言いつつ今度のスウィッチの宿題をやっているあたりは、まぁマジックが好きなんでしょうね。

とりあえずダンスを習うとか以前に、前屈マイナス10cmという体の固さをなんとかしたいと思います。毎日ストレッチすべし。
posted by こりん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。