2006年01月28日

チャレンジFISM2006の感想。

チャレンジFISM2006の個々の演技の感想を書きます。遅れて到着してしまったので一部の演技は観れませんでした。
チャレンジFISM2006


FISMという3年に一度の国際大会に日本代表として参加する若いチャレンジャー達が有料で開催するショー、FISMというのはテレビでたまに放映されているようなレベルの大会、審査基準は知らないけれどコンテスト挑戦者だから技量はプロほどではなくてもマジックにかける情熱なら誰にも負けないというような演技なんだろうな、という期待値で観ました。

感想が少々辛口になってしまったのは、審査基準を理解していないため演技者の狙いをはかり損ねている点もきっとあると思います。自身はもちろん身近にもコンテストに参加したことの無いような人間はこんなことを感じたのか、くらいに読んでいただければと思います。

全体として\1000なら満足だけど\2000では不満な内容でした。マジックに対する情熱を一番期待していたんですが、その期待をかなえてくれる人ばかりでなかったのが残念でした。

続きを読む


posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。