2006年01月16日

喜んでもらえることは嬉しいこと。

今日はマジックを見慣れていない人にマジックを見てもらえるチャンスがあったので、先日作った手帳のようなものを使って演技した。
手帳のようなもの


見終わった後で「えー、なんでー?でもラッキーって言ってもらってうれしい!ラッキーな気持ちになれた!」という感想をくれた。

こんなふうに喜んでもらうとやっぱり嬉しい。

マジックは誰のためのものか?それは自分のためのもの。
自分が嬉しさを感じるための一つの手段として、見ている人に喜んでもらいたい。
だからどうすれば見ている人が喜ぶかを真剣に考えたい、そのほうが自分がより嬉しさを感じられると思うから。

というのが現時点のオレの意見のひとつかなぁ。

他にも苦労して練習したオレをほめてもらいたいとか、単純なことの組み合わせが複雑な仕組みになっていく楽しさとか、微妙なユーモア感覚を共有したいとか、手仕事をして物ができ上がっていく楽しさとか、そういうのももちろんありますけどね。



posted by こりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。