2007年03月17日

夢奇房「シートと黄金の紙」を見た。

3/4[日]に夢奇房第4回公演「シートと黄金の紙」を見てきたので感想を書きます。

続きを読む
posted by こりん at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

第五回マジックスウィッチ(クリスマスウィッチ)に参加した。

参加したのは、かれこれ一週間以上前になりますが、一応記録しておかないとな!

今回は「愛と死」をテーマにした、デスデックのマジックを見ていただきました。ちなみに道具のコンセプトと、もっとも作成がタイヘンなデックケースを作ったのはサイトーさんです。感謝。

反省点は
・猫背で姿勢が悪い。今回は最初は猫背でもいいけれど、だんだんと胸を張っていくべきだった。
・最後の現象は、黒い小さい道具を見せる状況だったのだから、黒い服の前で操作するべきでなかった。背景が白だったので、体の正面から外すようにしたほうが見やすくなったはず。
・オインゴボインゴはテーブルの上でだけ見せていたので、前のほうのお客さんにしか見えなかった。もっとお客さんの視線に注意を払うべきだった。
・最後は大きな拍手をいただけたのだが、演技のテンポとしては拍手の途中で最後のセリフに入ったほうが締まった感じになったのではないかと思う。

拝見した演技のなかで、印象に残った演技への感想を書かせていただきます。
・BAKIくんのは、基本現象が不思議で面白くて、本人のキャラクターにも似合っていてよかったです。いろいろ詰め込みすぎな感じを受けたので、もっと絞り込むと印象がハッキリしてよくなると思います。
・AKIくん+GOTOさんのは、コンセプトが面白かったです。携帯電話を操作しているのがテーブルの陰に隠れて見えなかったのと、最後の音声が聞こえなかったのが残念です。最後だけ二人で一言だけセリフとして言っても良かったのではないかとも思います。
・オイカワさんのカラーチェンジングナイフは、スマイルとラストの現象の落差がとってもステキでした。一方で最後のインパクトが強すぎて、前半の現象が「つけたし」になってしまっている印象も受けました。最後に力点をおくなら前半はもっと軽くしたほうが、そうでないなら前半をもっと膨らませたほうが良いように思います。
・けむいちさんのバケツは、とにかく楽しかったです。
posted by こりん at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | OFF会・サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

JCMAに参加する。

先週の日曜日(11/19)はJCMAに行き、手品を見せてもらったり、演じさせてもらったりしました。
 http://www.jcma.biz/

続きを読む
posted by こりん at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | OFF会・サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

第4回マジックスウィッチに参加する。

11/12[日]にマジックスウィッチに参加してきました。最近はマジック以外の活動に時間を取られてしまい、特に何もせずに皆さんのマジックを見たり、だらだらしたりしていました。

今回のスウィッチの個人的なキーワードは「愛」でした。

続きを読む
posted by こりん at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | OFF会・サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ヘブンアーティストTOKYO2006を見る。

10/28[土]の上野公園でヘブンアーティストTOKYO2006を見てきました。

先週の三軒茶屋でのイベントは「芸を見るぞ」というお客さんが多い雰囲気でしたが、今回は「ダリ展に来たけど込んでて入る気が失せた〜 上野公園散歩して帰ろうか〜 あれ、なんか人だかりができてるな」的なお客さんも多くて、本来の路上パフォーマンスに近い雰囲気だったように感じました。

今回拝見できたのは、別格だったのと、素晴らしかったのと、ツボだったのと、期待と方向性が違って残念なのと、書く気にならないパフォーマーの方々でした。


続きを読む
posted by こりん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

三茶de大道芸を見る。

土曜日は三茶de大道芸に行って、別格なパフォーマンスと、素晴らしいのと、好きなのと、楽しいのと、そうでもないのと、席を立ちたくなるパフォーマンスを見てきました。

続きを読む
posted by こりん at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

芸鼠。

ネズミーランドに住む雌雄番いの鼠が登場するパーティに出席しました。パーティ会場にいたどの会社重役よりも忙しいらしいその鼠たちは、各テーブルをまわって愛想をふりまき被写体になったあと、「ではまたパークでお会いしましょう!」という司会の声と共に風のように去っていきました。

テーブルホップをやったことのある方なら、パーティのテーブルに近づいて一瞬で入り込み芸を見せる難しさはよくご存知のはずです。それを台詞という最大の武器が使えない状態でやれ、と言われたらどうですか。

そう、鼠は喋れないのです。全てパントマイムです。

「今日は来てくれてありがとう。みんなで記念写真を撮ろうよ!」とマイムしても、なんとなーく盛り上がらないテーブル。すかさず鼠は個人攻撃作戦に切り替え、目を逸らしている人にちょっかいを出して雰囲気を和らげます。そのタイミングを逃さずに鼠はテーブル全体に「さあみんなもどうぞ」とメッセージを送り、いつの間にかテーブルの全員が鼠を取り囲んだ記念写真のできあがりです。

そんなアドリブの巧みさにもびっくりですが、入退場などのお決まりの動作にいたっては、鼠の所作は洗練されつくしていました。よどみなく流れていながら点は多く、どの瞬間を写真にとってもポスターにできそうな感じ。

鼠が退場したあとでプロの芸人さんが登場して司会をしていましたが、芸鼠の後では見劣りしてしまうのは否めませんでした。

ありがとう鼠。またいつかその芸を見せてください。
posted by こりん at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

プチファンの告白と三茶de大道芸。

まえに明日の神話を見に行ったときに偶然パフォーマンスを拝見した目黒陽介さんのプチファンであることを告白しましょう。まだパフォーマンスを一回しか見てないので、プチをつけました。

なぜかディアボロの教則DVDを買ったのですが、そこにインストラクターとして陽介くん(馴れ馴れしさ130%)が出演していたのです。収録されている昔の演技と、先日生で見たときの演技との間には、ものすごい進歩っぷりが感じられました。陽介くんのただ上手なジャグリングに満足していない姿勢のステキっぷりが好きになった理由かナ★

公式ウェブページを見たところ、来週パフォーマンスの予定があることを発見。そして調べてみたらそのパフォーマンスの場は大道芸祭り的イベントのようです。「三茶de大道芸」というらしい。来週の土日。

行ってみたい気持ち満載です。
posted by こりん at 17:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

シンブルを買いました。

連休中は学生マジックにいくつか触れました。

前に他の手順の準備をしていたときに「この音楽でマニピュレーションやったらマヌケでいいよなぁ」と思った曲に出会っていたこともあって、なんとなく自分でも「親指でグイッと指し示し」たくなってシンブルを買ってみました。触ってみましたが、十年ぶりだったので、カラーチェンジとかのやりかた忘れてます。

しかしやりたい手順を実現するためには、シンブルを用意するだけじゃダメなのです。というか、マニピュレーションはおまけで、見せたいモノは全然違うアレなのです。ふふふ。

構想3年、制作5年くらいの長期計画で、ひとつ。
posted by こりん at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。